ハーブを育ててみよう

女性

バジルを育てる

香り豊かなハーブとして人気が高いバジルですが、家庭でも育てることができます。工夫すれば冬を越すことも可能です。乾燥に弱いので、水やりには気を使うと良いでしょう。また、液肥を月に1回から2回程与えることで元気に育てることができます。生育期間には追肥が大切になってくるのです。

カモミールを育てる

カモミールはカモミールティーとしても親しまれているハーブです。黄色と白の可愛らしい花を咲かせてくれます。苗から育てる場合は、日当たりの良い場所で育てましょう。また、枝葉を適度に間引くことで害虫の発生を抑えることができます。夏の水切れに注意しておくと良いでしょう。

セージを育てる

不老長寿のハーブとして知られているのがセージです。基本的に水はけの良い土で、日当たりに気を付けて育てると良いでしょう。また、酸性の土では上手く育たないことが多いので、土の酸度に注意が必要となってきます。冬場は霜よけをしておくようにします。地上部を刈り込むようにしましょう。

タイムを育てる

タイムの特徴は爽やかな香りです。植物の中でも、特に香りが良い種類と言えるでしょう。基本的に肥料はあまりあげないようにします。元肥を植え付け前に与える程度で十分なのです。肥料の与えすぎは香りが弱くなる原因になります。また、乾燥を好むので湿度には気をつけておきましょう。

ガーデニング初心者Q&A

花は一回咲いたら終わり?

しっかりと手入れをしておけば、次のシーズンにも花を咲かせることができるようになります。冬の植物でも、同じように花を咲かせることができるでしょう。例えば、咲き終わった花を摘み取ることが手入れとして一般的です。意識して手入れすると良いでしょう。

丈夫な植物って?

基本的に植物によっても変わってきますが、初心者の場合は日陰でも育てることができる植物がおすすめです。観賞植物から始めると良いでしょう。乾燥にも強いので、あまり水やりをしなくても元気に育ってくれます。大きな庭がなくても十分に育てることができるでしょう。

ベストな鉢植えのサイズは?

初心者がガーデニングを始めるのであれば、4号の鉢植えを用意しておけば問題ないでしょう。内径が12センチ程の鉢です。植物を苗から育てる場合は、苗のポットよりも一回り大きいくらいが丁度良いでしょう。成長の早い植物の場合は、5号から6号程の鉢が必要になります。

そもそもガーデニングって何?

基本的に園芸や造園のことをガーデニングと呼びます。庭やベランダで行なうのが一般的でしょう。柵や石畳、鉢植えを使って装飾したりすることで楽しむことができます。最近では、家庭菜園のこともガーデニングと呼ぶようになってきています。まずは簡単に、家庭で植物を育てることと覚えておくと良いでしょう。

広告募集中